English

研究会

米国政治外交研究会

米国政治外交研究会

趣旨

米国政治外交研究会では。米国の内政・外交の現状を分析しています。 本研究会は、ほぼ月1回、研究所内外の専門家を講師にお招きしてご報告をいただき、議論し、論考を日英文で発信していきます。 また、公開ウェビナーを開催して、より多くの研究者との議論を通じて広く社会に分析的視点、解説、意見を発信していきます。 年度末に、「論点と考察」を取りまとめて発表いたします。

21年度のメンバー構成と活動内容は以下でした。22年度についても追って掲載していきます。


メンバー構成(敬称略)

リーダー:  森 聡    慶応大学法学部教授/ 中曽根平和研究所上席研究員
客員研究員  小濵 祥子  北海道大学准教授
客員研究員  渡辺 将人  北海道大学准教授
客員研究員  村上 政俊  皇學館大学准教授
協力研究員  西住 祐亮  中央大学講師
協力研究員  都築 正泰  東京大学未来ビジョン研究センター安全保障研究ユニット特任研究員
支援研究員  宇野 正祥  東京大学大学院法学政治学研究科 総合法政博士課程

※中曽根平和研究所の幹部、研究員、外務省職員等も参加しています。

研究会の活動

「2021年のアメリカ政治外交の主要テーマ」

「日米同盟の評価をめぐる米国での実験調査結果と広報外交へのインプリケーション」
報告者: 小濵 祥子 北海道大学准教授

「米国の対中政策 ―ウイグル問題に関する制裁措置を中心に―」
報告者: 村上 政俊 皇學館大学准教授

「米国の対露政策 ―党派対立図式の変容に注目して―」
報告者:西住 祐亮 中央大学講師

テーマ:「バイデン政権の対中政策」
講師: ロバート・G・サッター ジョージワシントン大学エリオットスクール教授
※米中関係研究会と合同で実施

テーマ:「米国内政」
講師: 渡辺 将人 北海道大学准教授
テーマ:「米国の多国間主義」
講師: 都築 正泰 東京大学未来ビジョン研究センター安全保障研究ユニット特任研究員・協力研究員

テーマ:「宗教的自由と保守派の外交政策」
講師: 宇野 正祥 東京大学大学院法学政治学研究科 総合法政博士課程
テーマ:「米国と欧州」
講師: 上原 孝史 主任研究員 

※本研究会は、2020年度に採択された外務省の外交安全保障調査研究補助金によって運営されています。

< 前のページに戻る
公益財団法人 中曽根康弘世界平和研究所(NPI)
Copyright ©Nakasone Peace Institute, All Rights Reserved.